悪戯に触れれば尊い そして嘲笑い
お前は喚くだろう
誘惑は夜を無駄遣い 其れと乱れ合い 
お前は酔うだろう

卑屈な程に純情だ
欲しがる目は恍惚だ
あざとい姿勢は見事だ
躊躇う隙はない

唇が傲慢すぎる 性懲りも無く
お前を乞うだろう
瞬間は突然すぎる しかし意味はなく
召されてくだけさ

蔑む様な表情だ
君臨したい欲求だ
撫で合う度の切迫だ
戸惑う暇はない

唇が美しすぎる なんと脆弱に
甘美を得るのか
情熱が惑わせすぎる せめてもの味覚
愉しめばいいさ

陥落する理性 歓楽の衝動 
乾酪する程に 纏わり付け

済し崩せ 息すら奪え もっと近づけ
さぁ此処へ来いよ
噛み尽くせ 余韻など棄て 意味など忘れ
召されればいいさ

唇が傲慢だと云う 狡猾だと云う
奪え さぁ今だ
憂いなど無いものと知る 性懲りも無く
今が在るだけさ

唇が傲慢すぎる 傲慢すぎる
ほら奪え 今だ
お前は知ってる その唇こそが
全ての元凶だと